カフェの街を巡ろう > 目的を持たずに気ままに散歩

目的を持たずに気ままに散歩

例えば朝起きたら外の光が気持ちよくて、コーヒーを飲みにカフェに行く。1日の始まりをそんな風に始めたい。そんな気分の時がありますね。お茶のひとときは、気分をよくするためにも十分役立ってくれます。仕事でひと段落ついた時、休日の朝、などなどお茶をしたくなることは良くあるもの。都会に住む現代人にとってカフェで過ごす時間はただコーヒーを飲むだけではありません。ある人にとっては仕事の時間でもあり、ある人にとっては学校の役割を果たしているかもしれません。ぼーっと過ごしても、本を読むなど普段なかなか時間が取れないことをカフェでするという人も大勢います。

次のお休みには外にお茶を飲みに行きませんか。気持ちの良い光が溢れるテラスで飲むコーヒー。家でいただくお茶とは違う開放感があっていいですよ。おしゃべりも弾むこと間違いなし。一人でも家族や友人とでもきっと楽しめると思います。都内にお住まいなら代官山や六本木などのエリアも素敵ですが、疲れている時は少し気が張るかもしれませんね。ゆったりとテラスが広くてあまり気取らないところでまったりしたいなら、外苑近くのロイヤルガーデンカフェなどがオススメです。

ランチもありますから土日ならちょっと遅めの朝ごはんを兼ねてもいいかもしれませんね。そのまま歩いて表参道や青山まで散歩するのも悪くありません。青山界隈を散歩して、表参道から帰るというのも素敵です。あまり目的を持たずにブラブラするだけという1日も心と体のためにもいいのではないかと思います。

1日すっかり雑事を忘れて力を抜いて過ごせばリフレッシュした気分で翌週を始められるでしょう。気分を変えるということはとても重要です。気持ちの切り替えがうまくいかないとただでさえストレスフルな現代では体を悪くしてしまうことも。こうして息抜きをすることは自分を大切にすることにもつながるのではないでしょうか。たかがお茶一杯かもしれませんが、実は大変奥深い豊かな時間なのです。